検索
  • 栄子 金谷

ひな祭りの由来\(^-^)/






みなさま、こんばんは(*^▽^*)


今日は「ひな祭り」

楽しいひと時を過ごされていますか?


私は、ちらし寿司と手巻き寿司両方食べました・・桜餅も・・(^^)/~~~よく食べました・・


今日は「ひな祭り」の由来について


ひな祭りの由来は諸説あるようですが、中国で行われていた「上巳(じょうし)の節句」が日本に伝わってきたとという説が有力。

もともと邪気や厄を払うための行事で人形に自分の邪気を移して川に流すという「流し雛」が行われていました。しかし時代とともに流し雛に使用する人形が立派になり、川に流すのではなく家に飾るようになりました。


店主「へ〜そーなんだ」


これがやがてひな人形となり、貴族の中で流行っていたおままごと遊びのような「ひひな遊び」と合わさってひな祭りになったと言われています。


店主「ほ〜」笑


ひな祭りが3月3日に定められ女の子の健やかな成長と幸せを願う日として定着したのは江戸時代の頃だと言われています。


店主「ふ〜ん江戸時代ねー。・・どうしてちらし寿司やハマグリの吸い物を食べるのかな?」


ちらし寿司は様々な具材を混ぜ合わせて作りますが、これには将来食べるものに困りませんようにという願いが込められていて、菱餅、ひなあられも女の子の健やかな成長と幸せを願う意味が込められています。

蛤の吸い物には、蛤の貝殻のようにぴったりと合う生涯のパートナーと生涯添い遂げられますようにという願いが込められています。


最近は3月3日は、手巻きの日!みたいな感じになっちゃってますが、こうしてひな祭りの意味や由来を知ると年に1回のひな祭りを大切にしたくなりますね(*^▽^*)


ぜひ、お子様にも教えてあげてくださいませ。

楽しいひな祭り!女の子の健やかな成長と幸せを願っています\(^-^)/


yokumokuより抜粋


4回の閲覧

© 2016 Hawaiian lomi lomi relaxation salon powan